ジングウ ダイニング

装飾的な要素が削ぎ落とされ、建築に溶け込む家具「JINGU[ジングウ]」は、トネリコの米谷ひろし氏がホテルや書店といった空間のためにデザインしました。ハイチェアーは木造建築の柱や梁を思わせる直線で構成され、連続して並んだときに美しさが際立ちます。特に後ろ姿は、バーのカウンターなどでの視線を意識してシャープですっきりとした印象に。ボリュームのあるクッション部とのコントラストにもこだわりました。

トネリコ 米谷 ひろし

1968年生まれ。1992-2002年まで内田繁のスタジオ80に在籍した後、2002年に君塚賢、増子由美と共にTONERICO:INC.を設立し、同代表を務める。2017年から多摩美術大学環境デザイン学科の教授を務める。 建築、インテリアから家具、プロダクトに至るまで多岐にわたり活動し、国内外で定期的にコンセプチュアルな作品を発表している。ミラノサローネサテリテデザインリポートアワード大賞、JCDデザイン賞金賞、JID賞、日本空間デザイン賞金賞など数々の賞を受賞。 代表作に「アーティゾン美術館」、「銀座 蔦屋書店」、「LOFT 店舗開発」、「青山見本帖」、「MEMENTO」、「KYOBASHI」などがあげられる。

閉じる